スポンサーリンク

セブン銀行ATMに地震計を設置。「レジリエンス総合力向上プロジェクト」

国立研究開発法人防災科学技術研究所(防災科研)とセブン-イレブン、セブン銀行は、2019年4月16日、災害発生時に社会インフラの一翼を担うコンビニエンスストアの営業の継続による災害復旧と、自然災害に強い地域社会の実現に貢献することを目的とした連携協力に関する協定を締結。

協定に基づく三者共同で行う最初の事業として、セブン銀行のATMに地震計を設置し、データの共有を実施するとのこと。

今後、「災害に強い日本」の実現に向け、各々のノウハウ・インフラ・技術について連携協力を進める。

今回の協定締結は防災科研を中心とした「首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト」に関連して行われるもの。

首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト

防災分野における企業・組織の課題解決、事業継続能力の向上に資することを目的とした「データ利活用協議会」を立ち上げ、運営。

防災科研が大学等の研究者や賛同する企業・組織と共にオールジャパン体制で推進する。

forR 首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト