コンビニ24時間営業に関して経済産業省が介入

コンビニの24時間営業について議論が盛り上がっていますが、この事態に、経済産業省が介入してきました。

コンビニ人手不足6割 経産省調査、異例の是正要請

世耕弘成経産相は4月にセブン―イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップのトップと会談し、行動計画づくりを要請する。時短営業や無人化、FC加盟店オーナーとの対話のあり方などで自主的な取り組みを促す。有識者らによる検討組織もつくる。企業やオーナー、消費者から意見を聞き、対策強化が必要か検討する。

これに関しては、当然に経済界から反発が出ています。

コンビニ24時間見直し 世耕経産大臣に経済界が苦言|テレ朝news
 24時間営業の見直しを巡り、コンビニエンスストア大手各社の経営トップを聴取する方針を示した世耕経済産業大臣に対し、経済界から苦言が呈されました。  経済同友会・小林喜光代表幹事:「(企業の)選択の問題だと思います。国家が企業の色々な構造に対してあまりに関与するのはいかがなものか」  コンビニ経営を巡っては、人手不足...

経済同友会・小林喜光代表幹事:「(企業の)選択の問題だと思います。国家が企業の色々な構造に対してあまりに関与するのはいかがなものか」