ファミマ 無印良品の販売を終了

無印良品は、ファミリーマートでの販売を1月28日で終了したと発表。

有価証券報告書の沿革では、1993年からファミリーマートで販売委託契約を締結しているとなっていますので、25年のお付き合いでしたが、ファミリーマート側でPBを充実させてきたことなどもあり、今回の販売終了になったようです。

決算資料などを見ると、無印良品の全売上に対するファミリーマートでの売り上げ比率は、3%程度が続いていましたので、大きな影響はなさそうです。

なお、2018年2月期の有価証券報告書では、ファミリーマートは第10位の大株主(2%)となっていますが、これを解消するのかどうかはまだリリースされていません。