スポンサーリンク

ユニー・ファミマHD ユニーをドンキに譲渡

ユニー・ファミマHDが、GMSのユニーをドンキホーテHDに譲渡すると発表しました。

ファミマとしては、ユニーの統合前から不振であったGMS事業については、切り離しを模索していたようですが、ようやく、コンビニ事業に経営資源を集中できることになるようです。

ファミマ、ユニー、ドンキの今後の関係

公式リリースによると、以下のようにするとのこと。

ユニー・ファミマHDが保有するユニー株式(60%)をドンキHDに譲渡
=ドンキHDがユニー株式を100%保有になる(現在40%保有)

これに加えて、ユニー・ファミマHDがドンキHDに最大20.17%出資して、持分法適用会社にする。また、ユニー・ファミマHDからドンキHDに取締役1名を派遣するとのこと。

ユニー・ファミマHDのリリースでは、今後のドンキとの関係について、以下のように書いてあります。

ユニー・ファミリーマートHDは、本公開買付け後も対象者の経営の自主性を尊重しながら連携を強化する方針です。