スポンサーリンク

コンビニでの消費税率 8%?10%?

2019年10月の消費税率引き上げ(8%→10%)を控えて、コンビニでの消費税率に関してニュースになっていました。

少し考えてみたことがあるので、記事にしました。

消費税率の引き上げ

まず、消費税率の引き上げについておさらいしておきたいと思います。

これは、延ばし延ばしになっているものですが、現在8%の消費税率を2019年10月から10%に引き上げるというものです。

これだけなら単純に庶民の財布にキツイという影響だけなのですが、今度の引き上げでは、「軽減税率」というものが導入されることになっています。この軽減税率が問題を複雑にしています。

軽減税率とは

軽減税率とは、消費税率の引き上げで負担が全体的に重くなるため、生活必需品などについては税率を現在の8%に据え置くというものです。

ここで、生活必需品とは、

  • 酒類・外食を除く飲食料品
  • 週2回以上発行で定期購読される新聞

とされています。

軽減税率の対象となる物

上記のとおり、酒類・外食を除く飲食料品が対象なのですが、これが分かりにくいものとなっています。ポイントは、「外食を除く」です。

レストランなどで飲食のような普通の外食はいいのですが、問題となっているのが、テイクアウトの品をどこで食べるかということです。というのも、当初の想定では、テイクアウトの品は、家や職場に持ち帰って食べるので「外食」ではなく8%の軽減税率適用ということでした。しかし、テイクアウトで買って、店内のイートインスペースや休憩所のような場所で食べる場合どうなるのかということが問題となったのです。

コンビニ業界の要望

コンビニ業界、というか、どこの業界でも、なるべく軽減税率が適用されるようにいろいろと動いてきました。税率が2%違うということは、消費者から見れば価格が2%違うのと同じことですので、なるべく安く商品を提供するには、軽減税率が広く適用される方が有利になるからです。

コンビニの業界団体である日本フランチャイズチェーン協会では、「店舗での混乱が生じないよう運用方法について要望を行って」きたようです。

そして10月3日頃に一斉に、コンビニ業界と国税当局の間で話がまとまったという報道が出ました。

酒類を除き取り扱う飲食料品全てを、客が持ち帰り、税率が8%となる軽減税率の対象品とすることで、政府と調整に入っていることが3日、分かった。店内のイートインコーナーでの飲食を「外食」扱いとすれば税率は10%となるが、コンビニ業界は同コーナーを「休憩施設」と位置づけ、「飲食禁止」を明示することで、外食としてのサービス提供でないことを明確にする方針だ。

コンビニ業界は既に、財務省などに対して、この方針を伝えている。

(産経新聞)

小売店内にあるテーブルや椅子など「飲食設備」で食べる目的で飲食料品を買えば、制度は適用されず税率は10%となる。適用税率は持ち帰るか店内で飲食するかといった客の意思表示で決まる仕組みだ。

コンビニや中小スーパーのなかにはただの休憩所として椅子やテーブルを置いている店もある。財務省はこうした設備について貼り紙などで「飲食禁止」と明示したうえで、実際に客が飲食をしていないのであれば、飲食設備には該当しないとする新たな考え方をまとめた。

(日本経済新聞)

コンビニ業界では、最近では、各社ともイートインスペースの充実が進められてきましたが、飲食禁止にするということだと、各社の方向性にも影響があるのではないでしょうか。

ネットの反応

イートインスペースを飲食禁止にしない場合、店内で飲食するかどうかを確認して税率を決めることになります。そのことについてネット上では結構大きな反応がありました。

こんなことを言っている人もいますね。

でも、私はそんなに大したことではないと思っているんですよね。

10%と8%で分けられるか

飲食料品の会計の際にPOSレジの画面に「店内で食べますか? YES / NO」を表示して、どちらか押してもらえばいいだけですよね。

お酒を買うときの「20歳以上ですか?」と同じように。

コンビニでの会計ではほとんどの場合に飲食料品が含まれているでしょうから、毎回押すようにしておけばいいと思います。

また、商品が複数あり、持ち帰るものとイートインスペースで食べるものが混ざる場合のことも考えなければいけませんね。

そういうときのことも考えて、例えば、レジ前の商品を置くスペースを色分けしておいてはどうでしょうか。色がついている部分に置いたものは持ち帰り、白い部分に置いたものはイートイン、という具合で。

あとは、カゴを分けるとかもありますかね。

いずれにしても、そんなに大したことをしなくても、分別できるように思っています。

実際に各コンビニがどのように対応するかを、楽しみにしていましょう。