スポンサーリンク

ローソン銀行開業のニュース

2018年9月10日、ローソンと三菱UFJ銀行が出資して作ったローソン銀行が開業しました。

実際に顧客にサービスを提供するのは、10月15日からです。

10月15日からスタートするサービスは、ATM事業とリテール事業。

ATM事業では、ローソン銀行ATMを運営し、提携金融機関の顧客が預け払いをできるようにする。

リテール事業では、インターネットバンキング、ネット決済サービスを提供する。また、個人向けのクレジットカード事業を2019年1月に開始する予定。

ローソン銀行開業ニュースの伝え方

各マスコミでも取り上げていますが、多少辛いコメントが多いように感じました。

日本経済新聞

ローソン銀行発足、セブンに17年遅れの勝算は

ローソンによる銀行業参入はコンビニ銀行の先輩格、セブン銀行開業から17年も経過している。

ローソン銀行に勝算はあるのか。

朝日新聞

ローソン銀行、10月に営業開始 最後発、試される個性

小売り系銀行の最後発として、どう個性を打ち出していくかが問われる。

キャッシュレス社会への対応を進め、店頭での支払時間の軽減などにも貢献したい考え

ローソン銀はセブン銀に15年以上先行され、ATM台数も1万台以上少ない。山下氏は「ローソンの強い地域もある」とするが、セブン銀も地銀のATM置き換え需要の取り込みなどを今後の成長の軸に据えており、ローソン銀がどこまで対抗できるかは未知数だ。

産経ニュース

「ローソン銀行」10月開業 コンビニ客をキャッシュレス決済で囲い込み

コンビニ店舗内で地方銀行が営業活動する共同店舗事業も推進したい考え

キャッシュレス戦略の大枠をまだ明らかにしておらず、独自色をどこまで打ち出せるかが今後の焦点になる

ローソン銀株式の5%は三菱UFJ銀行が保有。山下雅史ローソン銀社長は「ご一緒できるものはしたい」と事業提携に含みを持たせた。