スポンサーリンク

サークルK・サンクスは残り900店舗

ファミリーマートは、2018年6月末をもって、奈良・和歌山・香川県内の「サークルK」が営業を終了したことを発表。

サークルK・サンクスの店舗は残り約900店舗で、従来あった約5000店舗全部のブランド転換を急ぐ。

なお、商品の統合は2017年2月、物流拠点の統合は2017年6月に完了し、また、ブランド転換をした店舗では、1日あたりの売上、客数が平均で約10%伸長しているとのこと。