新着記事

ローソン銀行 2018年10月15日サービス開始へ

ローソンが進めていた「ローソン銀行」ですが、8月10日に金融庁から銀行業の免許を ...

セーブオンが8月末で全店閉店―ローソンへの転換完了

セーブオンは、2017年1月にローソンと結んだフランチャイズ契約に基づき、201 ...

ファミリーマート 書店一体型店舗を彦根にオープン

商品・サービス

ファミリーマートは、6月14日、コンビニと書店一体型店舗を滋賀県彦根市にオープンする。

滋賀県を中心に37店舗で書店やレンタルショップを展開するサンミュージックと共同で出店する。

ファミリーマートは、コンビニの利便性や強みと、他業態の持つ専門性や強みを一体化させた店舗開発に取り組んでおり、ドラッグストア、調剤薬局、スーパーマーケット、農協、書店など他業態との「一体型店舗」の出店を進めている。

ファミリーマート+サンミュージック

「ファミリーマート+サンミュージック彦根店」は、ファミリーマートとサンミュージックが協力して従来のコンビニエンスストアの利便性・商品力(中食・サービス)機能と書店機能を取り入れた店舗として展開。

コンビニの品揃えは、標準的品揃えが欠けることなくしっかりと確保しながら、書籍・CD・DVD等の専用ゴンドラとして13台を用意、新刊やベストセラーを中心に品揃えする。

入口を2か所設置し、隣接テナントから出入りを容易にするとともに、カウンタータイプやテーブルをご用意したイートインスペースも11席用意する。