スポンサーリンク

記事紹介:値付けはAIに任せろ-ローソンが挑む「一物多価」・・・

IT Pro さんで、昨今話題のAIをコンビニの店舗運営に活用しようとしているローソンの状況がレポートされています。

値付けはAIに任せろ-ローソンが挑む「一物多価」、コンビニ商品の値段はAIが決める

  • 「一物一価」を基本に人が価格や割引額を決めていた時代が去り、条件に基づいて自動的に価格を上下させる「一物多価」「一物時価」とも言える時代が訪れつつある。
  • ローソンは「将来的にはコンビニエンスストアでもダイナミックプライシング(動的価格設定)を実現したい」
  • ローソンは機動的な価格変更を目指す。主に弁当など消費期限が短い商品に適用する。前提として弁当にICタグを付けておく。ICタグは弁当を包むフィルムに埋め込む形態などを想定

などなど。こんなことが書かれていますので、興味がある方は、リンク先をご覧ください。