新着記事

サークルK・サンクスは残り900店舗

ファミリーマートは、2018年6月末をもって、奈良・和歌山・香川県内の「サークル ...

話題

スリーエフが運営していたtwitterアカウントが、最後の投稿をしました。

スリーエフがローソンと資本業務提携により、ブランドを「ローソン・スリーエフ」に転換していく中での一貫という ...

コラム, 話題

日経新聞の「経営者の視点」です。

提携によりダブルネームとなっている「ローソン・スリーエフ」。

スリーエフから転換した店舗の実録を伝えています。

オーナーも従 ...

経営・業績

ローソンとスリーエフは、資本業務提携契約・事業統合契約を受けた事業強化の一環として、スリーエフ店舗の「ローソン・スリーエフ」への転換を進めており、9月9日に第一弾として埼玉県と千葉県で5店舗をオ ...

経営・業績

ローソンとスリーエフは、平成28年4月13日付けで資本業務提携契約を締結し、事業統合を進めているところ。今回新たに、両社で会社分割(簡易会社吸収分割)契約を締結し、現在、スリーエフブランドにて営 ...

経営・業績

2015年夏ごろから進められていた、ローソンとスリーエフの提携の件ですが、4月13日に資本業務提携契約と事業統合契約を締結したと発表。新ブランド「ローソン・スリーエフ」も。

経営・業績

11月27日、ローソンとスリーエフは、資本業務提携に関する基本合意書を締結し、具体的な協議を開始することを発表。今後両社間での具体的な協議を進め、今年12月下旬を目途に本提携に関する資本業務提携 ...

経営・業績

ローソンとスリーエフは、9月までに締結すると発表していた提携基本合意を延期すると発表。

経営・業績

大手のローソンが中堅のスリーエフとの提携交渉を開始したことが明らかになりました。

ローソンがスリーエフの株式の5%を取得し、弁当やPB(プライベートブランド)商品の共同開発、仕入れの ...

周辺事情, 商品・サービス

楽天株式会社とヤマトホールディングス株式会社は、EC分野での連携を強化すると発表しました。

「楽天市場」で購入する商品の受取り場所として、全国のコンビニエンスストアの店頭を指定できる ...

商品・サービス

スリーエフは今夏をめどに生鮮食品の商品政策(MD)、管理、販売をパッケージ化、加盟店に対し本部推奨を始める。生鮮食品を扱うコンビニエンスストア「キュウズマート」で蓄積してきたノウハウを活用する。 ...

提携サイト