コラム

2/3ページ

2016年のコンビニ業界を振り返る

2016年のコンビニ業界を振り返る。大きなトピックは、セブン-イレブンの沖縄進出が決定、海外展開関係、2020年東京オリンピック、インバウンド観光客への対応、役員人事、糖質オフ商品、でした。

ファミマがATMをゆうちょ銀行ATMに全面切替の方針

ファミリーマートが、店内の銀行ATMをゆうちょ銀行のATMに切り替える方向で検討していることが明らかになりました。現在は、イーネットのATMが95%を占めています。 ゆうちょ銀行との業務提携 ファミリーマートは、2016年4月に日本郵政と業務提携をしています。 株式会社ファミリーマートと日本郵政株式会社との業務提携に関する基本合意書締結について 業務提携の内容は2つで、ひとつが物流事業、もうひとつ […]

セブン-イレブンの沖縄出店に関連する記事ですが・・・

ITmediaビジネスONLiNE 様では、「大手コンビニの元本部社員、元コンビニオーナー」が筆者の連載「コンビニ探偵! 調査報告書」という記事があります。 ときどき読むこともあるのですが、「コンビニの表と裏を見てきた者だけにしか書けないコラム」と言う割には、内容が浅かったりして首をかしげることもあります。 以前にも、このブログで、オムニチャネルを取り上げた的外れなネット記事 という投稿で的外れな […]

セブン-イレブンと岩谷産業 セブン店舗に併設の水素ステーションを開所

(画像:岩谷産業株式会社提供) セブン-イレブンと岩谷産業株式会社は、国内で初めて店舗併設に併設して水素ステーションをオープン。2月12日(金)。 セブンの「大田区池上8丁目店」と「刈谷一里山町店」。 セブン‐イレブン店舗に純水素型燃料電池を設置し、環境負荷低減について実証実験を行うとともに、小売店舗における純水素型燃料電池活用の将来性について検証する。 公式リリース コンビニとエネルギー コンビ […]

2016年、コンビニ業界はどうなる

2016年一発目は、今年のコンビニ業界がどうなっていくか、気になることをいくつか挙げてみたいと思います。更なる合従連衡はあるか、ローソンの迷走?、セブン-イレブンの沖縄進出はあるか、など。

ローソンが電力小売りに参入と報道されていますが

12/24に、「ローソンが電力小売りに参入」との報道が出ました。 この件は、結構各マスコミとも大きく取り上げています。 私自身も、一報のタイトルを見て「むむ!」と思い、「コンビニで電力を売るというのはどういうことだろう?」と不思議に思いました。 で、報道の中身を見てみると、「ローソンが電力小売りに参入」とのイメージからは程遠い内容でした。 電力小売りとは まず、電力小売りのについて少し確認しておき […]