未分類

ファミマ X 西武鉄道 「オリジナル電子絵本「電車眼鏡」、「電車コンビニ」をテーマに

ファミリーマートと西武鉄道が共同展開している「TOMONY」(トモニー)は、初出店から10年を機に、「電車コンビニ」をテーマに、オリジナル電子絵本「電車眼鏡」を制作。 電子絵本では、石神井公園駅を舞台に、「電車眼鏡」を通して電車とコンビニの不思議な世界を体感するオリジナルストーリーを提供するとのこと。 「電車眼鏡」の詳細 対象店舗にて、西武鉄道グッズを購入すると電子絵本「電車眼鏡」を見ることができ […]

セブン ペットボトル回収機の設置を拡大

セブン-イレブンは、東京都江東区の5店舗でテストを実施してきた、ペットボトル回収機の設置を東京都と埼玉県の300店舗に順次拡大する。12月から。 循環型社会へ向けた取り組みの一環。 nanacoポイントが付与されます nanacoを回収機の「nanaco リーダー」にタッチしてからペットボトルを回収機に投入すると、ペットボトル5本につき1nanacoポイントが付与されます。 nanacoポイントを […]

ローソン RODYと伊藤園のコラボキャンペーン

6月20日から全国のローソンで、RODYと伊藤園がコラボした「お~いお茶 600mlを6本買うともれなくついてくる RODY×伊藤園 ランチトートバッグセット」キャンペーン開催されています。 RODYは、イタリア生まれの乗用玩具(小さな子供が乗って遊ぶおもちゃ)です。実物はちょっと微妙な風体です。  

カゴメ「高リコピントマト」の商品を販売(ローソン)

ローソンは、6月7日(火)からリコピンを豊富に含むカゴメの「高リコピントマト」や高リコピントマトのペーストなどを使用した、6商品を新たに販売開始。カゴメの「高リコピントマト」は、同社の生鮮トマト商品「ラウンドレッド」と比べ、約1.5倍のリコピンを含むとのこと。

日系コンビニ、中国で強気の出店 弁当などの品質重視:朝日新聞デジタル

朝日新聞の記事から引用 日系のコンビニが中国で強気の出店を続けている。中国の景気減速が鮮明になるなか、高価格帯の弁当を売り出したり、輸入商品を増やしたりと、品質を重視した店づくりを進める。中国で広がる中間所得層の財布のひもを緩めようと知恵を絞っている。 続きを読む