ニャン太

45/48ページ

セブン-イレブン、マクドナルド抜きチェーン店数世界一に

コンビニエンスストア大手のセブン-イレブン・ジャパンは11日、今年3月末時点の世界の店舗数が3万2208店となり、米マクドナルドの3万1062店を抜いて世界最大のチェーン店数になったと発表した。 出店している国・地域はマクドナルドの118に対し、セブン-イレブンは日本や米国、台湾、タイ、韓国など17と少ない。

ファミリーマートとドコモが資本及び業務提携に合意

ファミリーマートと NTTドコモは、5月28日、資本及び業務提携について合意したことを発表した。 具体的な資本提携の内容は、ドコモがファミリーマートの発行済株式総数の3.0%に当たる普通株式293万500株を自己株式の譲受により、約90億円で取得する予定。取得日は6月13日を予定している。 業務提携では、おサイフケータイの利用環境拡充として、ファミリーマート全店・全レジを「トルカ」に対応させ、「ト […]

コンビニ各社 PBのパン事業強化

大手コンビニエンスストア各社が、プライベートブランド(PB)のパン事業を強化している。味や健康にこだわった商品を積極投入し、女性などコンビニ利用の少ない層を呼び込んで、収益力を高める狙いがある。 サークルKサンクスは、サークルKとサンクスで別々だったパンのPBを統合し、新ブランド「まごころ仕込みおいしいパン生活」として、5月8日から順次発売すると発表した。総菜パンなど40~45種類を100~200 […]

ローソン 九九プラスと資本・業務提携 増資引き受け

ローソンは、生鮮コンビニ「ショップ99」を展開する九九プラスと資本・業務提携すると発表した。 ローソンが九九プラスの第三者割当増資を引き受け、同社株の20%を38億円で取得。同社に48%を出資するプリント基板大手のキョウデン(増資後は38.3%)に次いでローソンが2位株主になる。 ローソンは将来的に出資比率を3分の1以上に引き上げて筆頭株主になり、自社の生鮮コンビニ「ローソンストア100」との統合 […]

gooでコンビニ商品検索サービス

NTTレゾナント(和才博美社長)は、インターネットポータルサイト「goo」上に開設した実験サイト「gooラボ」に、コンビニエンスストアの新商品やおすすめ商品に関する情報を対象とした検索サービスのトライアル提供を開始した。

ベスト電器が12月からコンビニ事業展開

家電量販店大手のベスト電器(福岡市)は、遊休店舗や大型店の一部を利用して12月からコンビニエンスストア事業を展開すると発表した。新会社「ベストファミリー」を設立、月内に大手コンビニエンスストアとフランチャイズ契約を結び、12月1日をめどに小倉南本店(北九州市小倉南区)の敷地内に第1号店をオープンする。 ベスト電器は、不採算店の閉鎖や改装を加速しており、遊休店舗の活用策として、コンビニエンスストア展 […]

セブン―イレブンの調味料値下げにコンビニ大手4社そろって対抗策

コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンがしょうゆなど調味料約30品目を9日に値下げするため、他のコンビニ大手4社は5日までに、対抗策を講じることを明らかにした。ローソンとサークルKサンクスが期間限定で価格を引き下げるほか、ファミリーマートとミニストップは恒久値下げに踏み切る。 コンビニは定価販売が基本だが、スーパーなどに比べ割高感が強く、価格引き下げの動きが広がる可能性も出てきた。

ミニストップ、割り箸を一部有料化

ミニストップは、弁当などの購入時に無料でつけている割り箸の一部有料化を始めた。中国産割り箸は従来通り無料提供するが、希望者に国産割り箸を1ぜん5円で販売する。割り箸輸出大国の中国で森林乱伐が問題化し、輸入価格も高騰しており、顧客に環境意識を高めてもらおうとの狙い。コンビニ大手が無料提供していた割り箸を有料化するのは初めて。 有料の割り箸は奈良県のヒノキ製で木材加工の際に生じる端材を活用。包装紙に「 […]

酒類販売自由化 コンビニでの販売拡大

中小の酒屋を保護してきた酒類販売の地域規制が1日、撤廃され、酒の販売が自由化された。コンビニエンスストアやドラッグストアなど小売りチェーン店は大手を中心に酒類販売を拡大させる構えだが、国内の酒類の総需要はここ数年減少傾向にあり、個人経営の酒屋を中心に淘汰(とうた)も進みそうだ。 セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニ大手は、酒類販売を手掛けていなかった店舗の約9割で新たに販売免 […]

サークルKサンクス、基幹システムを刷新 300億円投資

サークルKサンクスは、来秋をめどに店舗システムの大規模刷新に乗り出すことを明らかにした。約250億~300億円投資し、光ファイバーを使ったシステムを順次店舗に導入する。また、情報通信端末を新たに開発し、チケットの発券業務のほか、将来的には金融サービス分野での活用も検討する。 流通業界では電子マネーや携帯クレジットなどの新たな電子決済の手法が広がっており、コンビニ大手ではセブン-イレブン・ジャパンや […]

1 45 48