セブン-イレブンと日立、エネルギーデータの有効活用に向け「協創」

セブン-イレブンと日立製作所は、全国のセブン-イレブン店舗(約2万店舗)の電力使用量や設備の稼働状況などのエネルギーデータの有効活用に向けて、「協創」を開始した。
今後、各種エネルギーデータの集約・可視化、分析・活用することで、各店舗での効率的な電力使用を促進する。

セブン-イレブンでは、店舗数の拡大とともに、エネルギー使用量やCO2排出量の抜本的な削減に向け、各種施策を検討。

日立との協創で、省エネ戦略の立案、省エネ法や温対法への対応を強化する。また、人工知能(AI)を活用して、店舗のエネルギー使用量に関係するさまざまな要素の抽出や最適運用の検討、設備の保守計画やレイアウトといった、新たな店舗のあり方を検討する。