セブン-イレブンがスタッフの「派遣センター」を・・・

セブン‐イレブンは、スタッフの「派遣センター」のサービス対象地域を、9 月18日から大阪市をはじめ全国に拡大する。

「派遣センター」は、セブン‐イレブンが、ツナグ・ソリューションズに運営を業務委託し、「セブン‐イレブン加盟店の派遣依頼の集約」、「提携派遣会社への情報提供」、「派遣スタッフの事前研修」などを通じて、加盟店の従業員確保をサポートする。

これまで、北海道、東北、関東、北陸、東海などにある約5千店の加盟店を対象としてきた。

休暇などでスポット的にスタッフが必要となるときに人材を派遣するサービス。派遣センターでは、ツナグ・ソリューションズが、セブン-イレブンのスタッフとして必要とされる業務研修を行っており、トレーニングの認定を受けた人材を派遣するため、即戦力が活用できる。

スタッフも休暇を取得しやすくなるような気がするので、ブラックと言われているコンビニ業界の働き方の改善にもつながるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク