ローソン 「新潟クボタ」と連携して農業用ドローンの実証実験

ローソンと特例農業法人ローソンファーム新潟は、大規模農業の改革拠点として国家戦略特別区域に指定されている新潟市、「新潟クボタ」と連携して、農業用ドローンによる水稲の薬剤散布の実証実験を開始。

実証実験では、水稲病害虫防除のための薬剤散布に、農業用ドローンを使用。人力では少なくとも1時間以上はかかる1haの農薬散布が、農業用ドローンを利用すると、約10分しかかからず、大幅な省力化が可能となる。

ローソンファーム新潟は、2015年3月に新潟市の特例農業法人第1号として設立。稲作作業の省力化と農地集約による大規模農業を目指して、新潟市と連携。
水田の環境を自動で測定する「水田センサ」と、クラウド型の「水田管理システム」を導入するなど、ICT農業の取組みを進めている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク