新着記事

サークルK・サンクスは残り900店舗

ファミリーマートは、2018年6月末をもって、奈良・和歌山・香川県内の「サークル ...

ファミマ サークルKサンクスからの転換 10か月で2千店舗

経営・業績

ファミリーマートは、2016年9月から行っている「サークルK」と「サンクス」の「ファミリーマート」へのブランド転換について、2017年7月12日に2千店舗となったと発表。

ブランドを転換した店舗では、平均で日商が10%以上伸長。ファミチキや挽きたてコーヒー「FAMIMA CAFÉ」などが伸長しているとのこと。

また、商品、物流拠点の統合は既に完了しており、2018年8月末までのブランド転換完了に向け引き続き取り組んでいくとのこと。