ローソンとパナソニック 完全自動セルフレジ機の実証実験を開始

ローソンとパナソニックは、2016年12月12日から業界初となる完全自動セルフレジ機の実証実験を開始する。

また、2017年2月には電子タグ(RFID)を導入した実証実験を行う予定。

今回導入する自動セルフレジ機は、商品購入者自身でバーコードをスキャンした商品を専用のバスケットに入れ、バスケットごと専用レジに設置するだけで自動的に精算と袋詰めをするシステム。店員がレジで商品のスキャン登録や袋詰めをする必要がないため、店舗オペレーションの省力化につながる。

今後は、バーコードの代わりに、通信情報のやり取りができる、商品スキャンの必要のない電子タグを取り付け、さらに利便性向上と生産性向上を図っていきたいとのこと。