新着記事

サークルK・サンクスは残り900店舗

ファミリーマートは、2018年6月末をもって、奈良・和歌山・香川県内の「サークル ...

セブン-イレブン 9月1日から全店舗で英語・中国対応開始

商品・サービス

セブン-イレブンは、2016年9月1日から全店舗で英語と中国語での対応を可能とするサービスを稼働させるとのこと。

サービスとしては、外国人利用者から店舗においてマルチコピー機の操作方法や決済の方法について問い合わせがあったときに、専用のコールセンターで通訳を交えて対話することを可能にする。

システムは、トランス・コスモスが担う。

増加する訪日外国人へのサービス向上が狙いで、将来的には韓国語やスペイン語での対応も検討するとのこと。