新着記事

サークルK・サンクスは残り900店舗

ファミリーマートは、2018年6月末をもって、奈良・和歌山・香川県内の「サークル ...

サークルKサンクス ファミマに統合後はTポイントを採用

商品・サービス, 経営・業績

8月25日に複数のメディアで一斉に、「サークルKサンクスが、ファミリーマートとの統合後はTポイントを採用する」と報じられました。

当サイトでも、コンビニと共通ポイントサービスについては、以前に コンビニでの共通ポイントの行方 (T-POINT、Ponta、Rポイントなど) で触れてきたところです。

このエントリーでも、ファミリーマートとユニー(サークルKサンクス)の経営統合後の共通ポイントの行方に注目していました。

本日(8月26日)現在、ファミマとサークルKサンクスの両社とも、Tポイントへの統一については発表しておらず、プレスリリースでは報じられた内容について「当社が発表したものではございません」とのコメントに留まっています。ただ、このリリースの仕方の場合、多くは間違っていないことを示しているので、おそらく、決まったのだと思われます。