セブン-イレブン 10年ぶりに発注システムを刷新 520億円投資

日経新聞によると、セブン-イレブンは、520億円を投資して、商品の発注管理のシステムを10年ぶりに刷新し、2017年から新システムを導入するとのこと。

各店舗に導入する新型の発注端末には、売り切れ間近の商品を従業員に警告する機能を持たせ、欠品が生じないようにする。

具体的には、飲料や菓子などの加工食品、雑貨については、各店舗の発注個数や販売個数、売れ行きなどから判断された商品が、発注すべき商品として液晶画面に表示される。また、弁当や総菜についても、いつ売り切れになったかが簡単な操作で確認できるようになる。

こうしたシステムの導入により、経験の少ない従業員でも約2900品目に上る店頭商品の欠品状況を確認できるようになる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク