ローソンが地域別に価格導入

ローソンは約90品目の飲料商品などを「キーバリューアイテム(KVI)」に設定し、地域別の価格を導入する。

ローソンの店舗周辺にスーパーなどがある場合に、価格で対抗できるように設定し、競争力強化を図る。

6月末までに約9千店(全店舗の約75%)で導入する。

コンビニエンスストアは定価販売、全店舗一律の価格がほとんど。