伊勢志摩サミットの開催に合わせて「ファミマ号」を展開!

ファミリーマートは、伊勢志摩サミットにあわせて5月24日(火)から5月28日(土)までの間、伊勢志摩サミットの国際メディアセンター(三重県営サンアリーナ)と、近鉄鳥羽線五十鈴川駅前で、移動コンビニ「ファミマ号」での営業を展開する。

ファミマ号のイメージ写真(ファミリーマート公式リリースから引用)

ファミマ号のイメージ写真(ファミリーマート公式リリースから引用)

「ファミマ号」の営業内容

3tタイプの移動販売車2台による営業で、おむすびやパン、サンドイッチ、お弁当などの中食商品、海外ブランドのお菓子や飲料、スマートフォン充電器や変換プラグ、日本らしさを感じさせる和柄のデザインのハンカチや財布などのお土産品まで、合計約300種類の商品を取り揃える。

伊勢志摩サミットの関係者の方は、覗いてみてはいかがでしょうか。

以下、ファミリーマートのリリースから引用です。

「ファミマ号」概要

  • 使用車両
    • 3tトラック
  • 主な特徴
    • 常温、定温(16~20℃)、冷蔵(3~8℃)、冷凍(-24℃以下)の4温度帯の販売設備、ホット飲料の販売設備を搭載
    • 専用の発電機を搭載
    • お買い物のしやすさを考慮し、出入り口となる昇降ステップを2箇所設置
    • 昇降ステップに手すりを取り付け、乗り降りの負担を軽減
    • リフトアップ式の開閉扉を採用することで、屋根としての活用が可能
  • 主な取り扱い商品・商品数
    • おむすび、パン、弁当などの中食商品、カップ麺、インスタントコーヒーなどの加工食品、土産物、文房具、充電器などの日用雑貨など、約300種類
  • お会計方法
    • ハンディレジ(2台)
    • 現金のみのお会計
    • レシート発行可
  • 付帯設備
    • 手洗い台1台、電子レンジ1台、電気ポット1台など
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク