ファミマ フランチャイズ加盟新パッケージ「インターン社員独立制度」を開始

ファミリーマートは、主に単身での新規加盟希望者に向けたフランチャイズ加盟パッケージとして新たに「インターン社員独立制度」を開始する。17日に発表した。

インターン社員独立制度」は、給与をもらいながら、ファミマの直営店で6~12か月間の店舗経験を積んだ後、独立開業することが可能な制度。

「インターン社員独立制度」の内容

最短6か月の店舗経験で独立開業

店舗の勤務期間は6~12か月。店舗勤務期間中に一定の資格を取得し、期間経過後、独立開業することができる。

給与をもらいながら店舗経験を積むことができる

インターン社員として月額24万円の給与を支給。給与をもらいながら店舗経験を積むことができる。

「店長研修」などでしっかり学べる

通常、フランチャイズ契約締結後に受講していただく、入社後、すぐに「店長研修」を受講することが加納。店舗勤務前に基本的なことを学び、スムーズに店舗勤務に移行。

また、店舗勤務期間中はファミマ独自のマニュアルやスタッフ育成システムによって、コンビニ勤務経験がない方でも店舗での作業手順からストアスタッフのトレーニングまで、店舗勤務の中で段階的に資格を取得していきながら、店舗経営を効率的に学ぶことができる。

独立時の金銭的支援が厚い

通常のフランチャイズ契約時に求めている加盟金50万円、開店準備手数料100万円が免除になる。

また、育成システムによって取得した資格に応じて、独立支援金が支給される。(120万円 or 100万円)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク