セブン-イレブン クラウド型の防犯カメラサービスを導入 ALSOK・NECと連携

セブン-イレブンは、ALSOK、NECと連携し、クラウド型の防犯カメラサービスを導入している。既に約500店舗で導入済で、全店に展開していく。

具体的なサービスの内容は、防犯カメラの映像をクラウド上で収集・管理し遠隔地から閲覧可能とする

全国に拠点を持つALSOKが防犯カメラのサポートサービスを24時間365日体制で行う。

サービスの導入により、安全・安心な店舗運営の強化、店舗オーナーの業務効率化が図れるとのこと。

公式リリース[PDF]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク