東京新聞記事:新利用法提案で競うコンビニ カーシェア・EV充電設備・水素ステーション

東京新聞に、「新利用法提案で競うコンビニ カーシェア・EV充電設備・水素ステーション」と題して、コンビニが新サービスを次々に導入してっ更なる集客に努めていることが記事になっていますので、紹介します。

抜粋:新利用法提案で競うコンビニ カーシェア・EV充電設備・水素ステーション

コンビニエンスストアがカーシェアリングやエコカーの拠点として、駐車場を使ったサービス合戦を繰り広げている。商品だけではなく新たなコンビニの利用法を提供することで、店を利用していない客層を呼び込み、店の売り上げ増につなげたい考えだ。

主に、駐車場を利用したサービスについてまとめられています。当サイトでも、これまでにいくつかを取り上げています。

ファミマとタイムズ24が業務提携

セブン-イレブンと岩谷産業 セブン店舗に併設の水素ステーションを開所

識者の声

流通業界に詳しい日本経済大の西村尚純教授は「高級コーヒーやドーナツなど、画期的な商品は出尽くした感があるが、新たなサービスでの集客は激化していくだろう」とみている。

全文はこちらから