関連記事

セブン-イレブンのドミナント戦略について語られています

経済ジャーナリストの渡辺仁氏が、セブン-イレブンのドミナント戦略の弊害を取材しています。

セブン-イレブンのドミナント戦略とは、短期間に一定の狭い地域で集中的に出店することによって、当該地域でのブランド力を高めるとともに、配送コストなどを抑えて全体の利益率を上げるというものです。

セブン同士の「共食い」で命削るオーナーたち

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク