新着記事

ローソン銀行 2018年10月15日サービス開始へ

ローソンが進めていた「ローソン銀行」ですが、8月10日に金融庁から銀行業の免許を ...

セーブオンが8月末で全店閉店―ローソンへの転換完了

セーブオンは、2017年1月にローソンと結んだフランチャイズ契約に基づき、201 ...

速報!経営統合で、サークルKサンクスはファミマに

経営・業績

時事通信の報道によると、ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスの経営統合(2016年9月予定)により、ユニー傘下のコンビニ「サークルK」と「サンクス」は、「ファミリーマート」に転換するとのこと。

ファミリーマートの約11500店舗に、サークルKサンクスの6300店舗が加わり、約18000店舗となる。

最大手のセブン-イレブンは、2016年中に2万店舗となる見込みですが、現在2位のローソンを抜いて、2位に躍り出ます。

商品や仕入れなどを一本化し、経営統合による相乗効果を最大限にする。