コンビニおでんの食べ比べ

日経トレンディネット さんが、コンビニおでんの人気具材を実食テスト! つゆと相性が良かったコンビニは? と題して、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社のおでんを食べ比べています。

食べ比べたのは、3社の、大根、玉子、がんも、の3商品。

どれもおでんには欠かせない人気の食材ですね。

3社それぞれのおでんの特徴を以下のようにレポートしています。

まずはセブン-イレブン。大根はおでんに適した、糖度が高くみずみずしい大根を使用しているという。さらに今年は、2005年から導入している隠し包丁の形状を改良。従来より約2倍の深さの切り込みが中心部に入る。玉子は、植物性飼料を主とする餌を与えた鶏の玉子を使用。茹でた後に下味をつける工程を新たに追加し、黄身までだしを染み込ませているとか。がんもはその見た目から、椎茸や人参などの具がたっぷり入っていることがうかがえる。

次にローソン。大根は、ローソンファームで栽培した大根を使用。ローソンファームとは、ローソンが土作りから取り組み、生産者の顔が見える野菜を消費者に届けるための農場のこと。安心・安全な大根を使い、中までしっかり味を染み込ませている。玉子は、ローソン専用に開発された白玉の「ヨード卵・光」を使用。コク深くしっとりとした黄身と、プリッとした食感の白身が特徴だとか。がんもは大豆本来の甘味を活かし、つゆをよく含むようにふんわり食感に仕上げているという。

最後にファミリーマート。大根は国産を使用し、食べ応えのある厚切りに仕立てている。特に産地は限定せず、その時々の旬の大根を使っているとのこと。二段加熱製法を用いることで、厚切りでも芯まで軟らかい。玉子は、煮込み料理に向いている、白身がプリプリとした食感のものを使用。がんもは具にこだわり、雪国まいたけや北海道産えだまめをはじめ、国産の人参、ごぼう、玉ねぎ、しいたけの6種類の野菜を混ぜ込んでいる。豆腐はしっとり軟らかく、つゆ染み良く仕上げてある。

続きはこちらから

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク