関連記事

ファミマが開始した「はこBOON mini」の意外な利点

ファミリーマート、伊藤忠商事、Yahoo!JAPANの3社で、店舗間配送サービス「はこBOON mini」が10月27日から開始されました。

「はこBOON mini」は、ファミリーマートの店舗で物品の発送・受取ができるサービスです。

これまで、ネット通販で購入した商品をコンビニで受け取るということはありましたが、個人間で発送・受取というのははじめてのサービスです。

まずは、Yahoo!JAPANのヤフオクでの利用からスタートしています。

意外な利点

「はこBOON mini」は店舗間での配送になりますので、時間の融通が利くなどの良いところがありますが、意外なところで利点があるようです。

通常、自宅への配送ということになると、宛名のラベルに双方の住所・氏名・電話番号と品名を記載しなければなりません。

つまり、配送に関わるひとに個人情報を常にさらしている状態です。

また、品名も書くので、興味本位で見られたりするとおそれもあります。

その点、この「はこBOON mini」では、単にファミマの店舗を拠点とするだけではなく、発送時も受取時も、店内の情報端末「Famiポート」を使って必要な情報を確認する仕組みなので、ラベルに個人情報が記載されるということがありません。

ファミマの店員さんも名前などの確認ではなく、バーコードの読み込みで確認します。

個人情報に敏感な時代ですから、この仕組みは利用者の安心につながる良いものであると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク