ファミマとユニー、経営統合を基本合意へ

(朝日新聞より)

コンビニ業界3位のファミリーマートと、4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスは、交渉を進めてきた経営統合で基本合意する見通しになった。月内にも発表する。

統合は来年9月。コンビニ事業の売上高でローソンを抜き、2位に浮上する。

ファミマがユニー側を吸収合併して持ち株会社とし、その下にコンビニとスーパーの事業会社を置く。両社は今後、統合後のコンビニ名や役員人事などを詰め、来年5月の株主総会で統合の承認を得る。

店舗数では、セブン-イレブンを抜いて業界トップに躍り出ます。

「統合後のコンビニ名」に言及されていますが、変えることを検討しているのでしょうか。ブランド名として「サークルKサンクス」を残すことは、あまり意味のないことのように思いますが。