コンビニコーヒーの意外な影響

コンビニのコーヒーの売上が好調ですが、氷屋さんにも良い影響を及ぼしているということです。

コンビニのコーヒー用で5割増し…氷生産ピーク (読売新聞より)

梅雨明けの暑い季節を迎え、兵庫県太子町の製氷工場で、かちわり氷や、アイスコーヒー用の氷の生産がピークを迎えている。

同町の「本田冷蔵」太子工場では、地下水を凍らせて約100キロの氷柱を1日約840本生産。氷を砕き、カップや袋に詰めて出荷している。

近年、コンビニエンスストアで販売されているアイスコーヒーがヒットしており、その氷だけで1日25万杯分を生産。前年比5割増しといい、工場は24時間、休まずにフル稼働している。

参考