セブン-イレブン 三重県と「高齢者見守り」協定を締結

セブン-イレブンが三重県と高齢者の見守りに関する協定を締結したということです。

セブン-イレブン/三重県と高齢者見守り協定流通ニュースより)

セブン-イレブン・ジャパンは5月27日、三重県と「三重県の高齢者見守り」等に関する協定を締結した。

高齢化社会の進行や単身世帯の増加、小売店舗などさまざまな地域拠点の減少といった社会環境の変化が進む中、両者が連携・協力して、高齢者等の見守り活用や高齢者雇用、認知症サポーターの養成などを推進する。

店舗営業時やお届けサービスの中で、高齢者等の見守り活動を実施し、異変を察知した際は各市町と各関係機関と連携し対応するなどの活動を行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク