ドーナツ効果で「コンビニコーヒー」の売上が上昇

コンビニの1杯100円のコーヒーは、もう定着したと思いますが、コーヒーの売上がどんどん伸びているようです。

ドーナツ効果?「コンビニコーヒー」売上前年比17.3%増の理由ZUU onlineから引用)

5月21日、総合マーケティングビジネスの富士経済は、2015年2月から4月にかけて国内の清涼飲料の市場動向についての調査結果を発表した。

同調査によると、コンビニエンスストアの店内において、コーヒーメーカーを使用して提供されるコーヒーを対象とする”コンビニコーヒー”の売上は、2015年には1759億円(前年比117.3%)に達する見通しだ。

売上増加の主な理由としては「セブン-イレブン・ジャパンの1杯100円が定着したことで、それまで独自の価格設定をしていた先行チェーンも2014年にかけて同価格帯に変更を進め、追随した」とした。

続きを読む

思惑通りの展開

記事の中では、コーヒーの売上が伸びている要因として、

『セブンカフェ ドーナツ』など、「コーヒーとの”ついで買い”を狙ったカウンターファストフードなどの展開強化により客単価向上を目指す動きが活発化している

と分析しています。

昨年、セブン-イレブンがドーナツ販売を開始したときには、

セブン、レジ横でドーナツ販売 専用ケース設置 1万7000店で、コーヒーと相乗効果期待

ということで、ドーナツ販売との相乗効果でコーヒーの売上も伸ばしていくことが狙われていました。

今回のコンビニコーヒーの売上上昇のレポートは、まさにセブン-イレブンの思惑通りだったということですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク