セーブオンが長野撤退

Jタウンネットから引用

コンビニ界の激安王・セーブオン「長野撤退」決断に衝撃

北関東が地盤の地方コンビニ「セーブオン」(群馬県前橋市)が、長野県内にある27店舗をローソンに引き継ぐことが決まった。2015年7月上旬以降、対象店は順次ローソンに衣替えする。

長野のコンビニ勢力図をみると、セブン-イレブンが432店舗と圧倒的な基盤を築いている。ローソンの出店舗数は148と県内2位だが、3位のサークルK(145店)、4位のファミリーマート(138同)との差はごくわずか。
サークルKサンクスを持つユニーとファミリーマートは経営統合に向けて動き出している。これが実現すれば3位に転落するのは確実だ。

元サイトで続きを読む

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク