「ローソン100」260店を閉店

「ローソン100」260店を閉店 低採算店など2割超が対象、小型スーパー39店も

ローソンが、100円の商品を中心に手がける「ローソンストア100」の約2割にあたる約260店を閉店することが29日、分かった。また小型スーパー「ローソンマート」も全39店を閉め、事業から撤退する。一部は医薬品の販売を強化したコンビニなどに転換する。

低価格商品を扱う小型スーパーの出店攻勢などで収益が落ちており、不採算店の整理を決めた。

産経新聞で続きを読む

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク