ローソン社長に玉塚元一COO

ローソンは19日、玉塚元一最高執行責任者(COO、51)が5月1日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する方針を固めた。新浪剛史CEO(55)は代表権のある会長に就任する。24日の取締役会で決定する。
新浪氏は三菱商事出身で、平成14年の社長就任から12年に渡り、経営トップを務めてきた。健康志向の「ナチュラルローソン」の開発や農業参入など新機軸を打ち出してきた。現在は経済同友会副代表幹事も務めている。
玉塚氏は、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの社長を経て、17年に企業再生会社のリヴァンプを設立し代表パートナーに就任。22年に顧問としてローソンに入社し、23年3月からはコンビニエンスストア事業の責任者として小型スーパー業態の開発などで指揮を取ってきた。
玉塚元一氏(wikipedia)より
1962年5月23日生まれ
慶應義塾大学法学部政治学科卒業
ケース・ウェスタン・リザーブ大学大学院でMBA取得
サンダーバード国際経営大学院で国際経営学修士号取得
旭硝子、日本IBM、ファーストリテイリングを経て、2010年にローソン顧問
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク