セブン&アイが通販大手のニッセン買収

セブン&アイが通販大手のニッセン買収 2度失敗…専門会社買収で3度目の挑戦

セブン&アイ・ホールディングスは2日、子会社を通じて通販大手のニッセンホールディングスを株式公開買い付け(TOB)により買収する、と発表した。担当する子会社は「セブン&アイ・ネットメディア」(本社東京)でセブン&アイHDの100%子会社。議決権ベースで過半数を取得する。

ニッセンも買収に賛同しており、2日付でセブン&アイ・ネットメディアの傘下企業として活動することで合意する旨の契約を結んだ。

セブン&アイHDのグループはインターネット事業としては、セブン-イレブンの通販子会社などを展開したことがあるが、「セブンドリーム」「セブンネットショッピング」と2度、大きな失敗が続いている。通販の専門企業であるニッセン買収により、主婦や高齢者向けの通販事業から攻めていく。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク