セブン-イレブンのおでん"つゆ"が進化!

セブン-イレブンのおでん”つゆ”が進化! 糖分が高い大根などこだわり具材に

セブン-イレブン・ジャパンは2013年度の「おでん」を、全国のセブン-イレブン15,579店(7月末現在)で、順次発売する。
希少食材を用いた焼きちくわなど
2013年の「おでん」は、”つゆ”が更に進化。2012年のおでんでは「荒節(あらぶし)」とかつお節「枯節(かれぶし)」をブレンドしたが、今年はコクとうまみを最大限に引き出せるよう、「かつお荒節」と、濃厚なダシを取れる「宗田かつお節」をブレンドした。
具材も原材料や製法を見直して、品質の向上を図っている。大根は、季節や産地で味が異なるため年間を通じて均一化し、夏と冬で味つけを変えた。おでんに適した糖分が高い大根を使用している。玉子は下味(したあじ)に三温糖(さんおんとう)と宗田かつお節を加え、コクと深みのある味わいに仕上げている。
焼きちくわには、スケソウダラの生すり身のほか、希少な食材のグチとアブラツノザメも加えた。厚揚げは、豆腐作りの際に浄水器を通した水を使い、豆腐本来のうまみをより引き出している(いずれも一部地区除く)。
価格は、大根75円、こだわり玉子90円、焼きちくわ105円、厚揚げ95円。