セブン-イレブンのドリップコーヒー「SEVEN CAFE」販売数が1億杯を突破!

セブン-イレブン・ジャパンは18日、セルフ式のドリップコーヒー「SEVEN CAFE(セブンカフェ)」の販売数が、1億杯を突破したと発表した。
同店の食品中、もっとも高いリピート率55%以上を記録
同商品は、店内のオリジナル専用機器で提供するセルフ式ドリップコーヒー。今年1月から順次導入し、現在約12,500店で販売している。
現在、1日1店舗あたり約83杯の販売数で推移しており、年間販売目標4億5千万杯を見込む。同店で販売する食品の中でもっとも高いリピート購入率55%以上を記録し、購入者の約半数を女性が占めていることが特徴的だという。
また、暑い夏を迎えてアイスコーヒーの購入比率が約8割となるなど、年間を通じた商品としても多くの利用者が購入している。なお同商品は、セブン&アイ・ホールディングスのスーパーマーケット(ヨークマート、ヨークベニマル)やイトーヨーカドーのフードコートで展開しているファストフード店(ポッポ)などへの導入も進めているという。
価格は、ホットコーヒーRが100円、ホットコーヒーLは150円。アイスコーヒーRは100円、アイスコーヒーLは180円。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク