静岡 常葉橘高生が菓子パン開発 ローソンで販売へ

常葉橘高生が菓子パン開発 ローソンで販売へ

静岡市葵区の常葉橘高家庭科クラブの生徒がコンビニのローソン、山崎製パンと菓子パンを共同開発し、6日、同校で先行販売した。
開発したのは「ココア風味苺(いちご)クリームメロンパン」と「ホワイトチョコ&苺ホイップのデニッシュ」の2種類(各125円)。メロンパンは甘さ控えめで男性にも食べやすくした。デニッシュは同世代の女性をターゲットにしてパンの表面にクリームでハートを描き、かわいらしさを表現した。生徒が商品アイデアを企画し、ローソンの担当者と何度も打ち合わせして改良を重ねた。
先行販売には、多くの生徒や教職員が詰め掛け、約800個が売れた。部長の宮下茜さん(17)は「意見の対立もあって苦労したが、形になってうれしい」と話した。
2種類とも9日から1カ月間、本県[静岡県]など中部地区7県のローソンで販売する。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク