コンビニPB 個食サイズのパウチ惣菜は主婦や高齢者にも人気

コンビニエンスストアでの買い物を自宅でひろげてみると、気付くことがある。統一のコンビニロゴが入ってメーカーの顔が見えにくい、いわゆるPB(プライベートブランド)商品のいかに多いことか。

それもそのはず。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社で、売上高全体に占めるPB商品の割合は4~6割、セブンに至っては2015年に7割にまで引き上げる方針だという。コンビニが製造小売業(SPA)化したと言われる所以はここにある。
特にPB食品の充実ぶりは、総合スーパーをもはるかに凌ぐ。マーケティング会社である富士経済の調べによると、コンビニのPB食品市場は8643億円(2012年見込み)あり、2017年には1兆1225億円に拡大すると予測している。かたや、総合スーパーは現状でも4449億円とコンビニの半分ほどの規模しかない。
「もともとコンビニで売られている弁当や総菜は、男性・単身者・若年層から人気でしたが、東日本大震災があって以降、状況は変わりました。商品の配送網が混乱を来たす中、安定的で衛生的な商品調達を続けるコンビニ食品でご飯を済ませようという50代以上の主婦や高齢者が増えました」(富士経済・食品チーム調査員の岡本史香さん)
コンビニがスーパー代わりになっている現状を物語る。バリエーション豊富なPB食品のうち、売り上げを底上げしているのが、野菜煮物や煮魚など個食サイズに密封された「パウチ惣菜」のヒットである。

続きを読む>> NEWS ポストセブン