nanacoの利用件数、edy上回る

セブン&アイ・ホールディングスの発行する電子マネー「nanaco(ナナコ)」の9月の利用件数が3,200万件を記録し、「Edy(エディ)」(ビットワレット社)の2,100万件を上回っていることがわかった。nanacoは今年4月から運用が始まったばかり。電子マネーは現金を持たずにICカードや携帯電話で決済ができることから普及が進んでおり、Edy側も「nanacoとはライバルではない」として、業界全体の拡大につながることを期待している。

セブン&アイHDによると、今年4月にスタートしたnanacoの発行枚数は現在500万枚。導入はセブン-イレブン中心で、利用できる範囲も狭い。同社によると、利用者数はセブン-イレブンの利用客全体の1割強。携帯電話での利用もできるが、ほとんどがカードでの利用という。発行枚数では、セブン-イレブン以外のほとんどのコンビニエンスストアが導入しているEdyの3,340万枚(9月末現在)に大きく水をあけられているが、利用件数では6月以降、Edyを上回ったという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク