セブン-イレブン、マクドナルド抜きチェーン店数世界一に

コンビニエンスストア大手のセブン-イレブン・ジャパンは11日、今年3月末時点の世界の店舗数が3万2208店となり、米マクドナルドの3万1062店を抜いて世界最大のチェーン店数になったと発表した。

出店している国・地域はマクドナルドの118に対し、セブン-イレブンは日本や米国、台湾、タイ、韓国など17と少ない。