ローソンが既存店1000店超を新コンセプト店に

ローソンが、現在全国に約8000店ある既存店のうち1000店以上を、新コンセプト店に改造する計画を進めていることが明らかになった。

東京、大阪、名古屋エリアの店舗群を、昨年から展開している新業態である生鮮100円コンビニ「ストア100」と、健康志向コンビニ「ナチュラルローソン」の商品などを、既存店舗に組み込んだ「ハイブリッド型」店舗に改造する。

「最終的には既存店の半数を改造する」(新浪剛史・ローソン社長)ことも視野に置く。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク