21か月連続でマイナス 4月のコンビニ売上高

日本フランチャイズチェーン協会が22日発表した4月の主要コンビニエンスストアの既存店売上高は、前年同月比4.9%減の5,334億円だった。21か月連続で前年実績を割り込み過去最長となった。

全国的に気温が低く雨の日が多かったため、来店客数が前年同月比4.8%減った上、清涼飲料水や冷たいめん類が振るわなかった。新店を含む全店ベースの売上高も1.8%減の5,823億円と、5か月ぶりにマイナスとなった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク