セブン&アイ 他社の電子マネー共用読み取り機導入

セブン&アイ・ホールディングスは、来年夏以降にJCBの「クイックペイ」など他社の電子マネーをセブン-イレブン(全一万一千店)などの店頭で使えるようにすると発表した。集客力の向上につなげるため、他社の電子マネーも使えるように共用読みとり機を導入することにした。独自で電子マネー「クイックペイ」を展開しているJCBとは既に合意しており、「スイカのJR東日本や「iD(アイディ)」のNTTドコモとも交渉中。今後、「エディ」を運営するビットワレットとも共用に向け協議する。